25歳の女子高生〜子供には教えられないことシてやるよ

1話 「どうせ他の奴ともヤってんだろ?」過激な高校生活開始!? あらすじ

『25歳の女子高生』で検索。

試し読みできます

>>「25歳の女子高生〜子供には教えられないことシてやるよ」を読むならここを
クリックで配信サイトへ


コミックフェスタは電子コミック配信サイト

試し読みは無料です!

フルカラーTL漫画!

 

 

学校の始業の鐘がなる。

 

みんな遅刻を逃れようと門に急ぐ中、緊張の面持ちで校門に立つ女子高生が一人。

 

大きく息を吸って・・・・

 

(よ・・・よし!)

 

「あら、三芳さん」

 

ドキッ!

 

「連絡もらってるわよ。

 

今日から登校できるみたいね」

 

「あ、えと・・・はい」

 

声をかけてきたのは女教師。

 

三芳と呼ばれた女子高生はたどたどしく受け答えをしている。

 

その様子を見ているワイシャツ姿の男。

 

何か気になるようだ。

 

「はー・・・」

 

(やっぱり・・・こんなの絶対無理だよ叔母さん――!)

 

女子高生は回想する・・・

 

「私が果歩ちゃんの代わりに―!?

 

ムリムリ絶対無理だって!私今、25歳だよ!?」

 

リビングで必死に拒絶する女性。

 

「そう言わずになんとかお願いできないかしら?」

 

それをなんとか説得しようとする中年の女性。

 

「あの子ったら遊び歩いてばかりで入学してから全然行ってないのよ、まったく・・・」

 

中年女性はあきらめたような溜息をつく。

 

「今はとりあえず病弱でなかなか登校できないことにしてるんだけどね」

 

「はあ・・」

 

「お願いよ、花ちゃん!

 

このままじゃあの子出席日数足りなくて留年しちゃうのよ。

 

花ちゃん先月仕事辞めてまだ新しいとこ決まってないのよね?

 

もちろんお礼は出すから」

 

「そういう問題じゃ・・・」

 

「大丈夫よ、花ちゃん果歩にそっくりだし」

 

なんて引き受けちゃったけど・・・

 

要するに遊び歩いて学校に行かない従妹の代わりに女子高生として学校に行って出席日数を稼いでほしいということなのだ。

 

25歳の女が。

 

と言っても周りの女子高生の会話はオトナもびっくりの内容で。

 

「でさー、あのあとホテル行ったんだけど」

 

「え?やったの?」

 

「それが最悪でさー」

 

これはついていけないと花はぐったりしてしまうのだった。

 

「・・・芳、三芳!」

 

そんな花のぐったり感に気が付いた先生の気遣いに乗じて花は授業を抜け、保健室に逃げこんだ。

 

「はー・・・疲れた・・・」

 

自分の時の高校生とはずいぶん違ってるなと思う花。

 

せっかくだし少しベッドで休もうかと考えていると声が。

 

「あっれ」

 

「!」

 

「果歩ちゃんじゃん」

 

振り返るとそこにはいかにもチャラそうな男子高生が立っていた。

 

「奇遇だねー、どうしたの?

 

あ、もしかして君もサボり?」

 

俺も〜などとさも自分と同じサボりだと決めつけて花に近づいてきた。

 

花は登校初日だし果歩の交友関係は全くわからない。

 

だからこの男子高生が誰なのか、どんな関係なのかもさっぱりわからなかった。

 

「えと・・・私は」

 

「こないだは楽しかったね〜」

 

(どうしよう!?果歩ちゃんの友達?

 

彼氏・・・・ではないよね・・・・)

 

花の戸惑いをよそにべらべらしゃべり続けるチャラ男子。

 

そしてさらに花に近づいて

 

「俺さ、果歩ちゃんのこと結構いいなって思ってるんだ」

 

花の長い髪を一束掬いながら迫ってきた。

 

「へえ・・・・」

 

(なんか近いんだけど!!)

 

「ね、だからさ、今度は俺の相手もしてよ?」

 

花、絶体絶命のピンチ!

 

ガラッ

 

そこに突然保健室のドアが開き、朝校門で花を見ていたワイシャツの男が真顔で入ってきた。

 

花と男子高生も真顔で男を見る。

 

『25歳の女子高生』で検索。

試し読みできます

>>「25歳の女子高生〜子供には教えられないことシてやるよ」を読むならここを
クリックで配信サイトへ


コミックフェスタは電子コミック配信サイト

試し読みは無料です!

1話 「どうせ他の奴ともヤってんだろ?」過激な高校生活開始!?

25歳が女子高生に扮して高校生活。

 

ドラマの配役ではそんなこともありますねー。

 

JKというものは毎年流行語を生みだし、へたなオトナより知識も豊富。

 

花は25歳になって似ているというだけで頼まれて高校生になってしまいましたがどうも馴染めない様子。

 

おまけに果歩の友達?の男子高生に初日早々迫られます。

 

従妹の素行はかなり問題児のようですね・・・

 

いきなりピンチを迎えました!

 

『25歳の女子高生』で検索。

試し読みできます

>>「25歳の女子高生〜子供には教えられないことシてやるよ」を読むならここを
クリックで配信サイトへ


コミックフェスタは電子コミック配信サイト

試し読みは無料です!


 
inserted by FC2 system